loading
許容応力度等計算
時刻歴応答解析
限界耐力計算
エネルギー計算
限界状態設計法
構造計算の全てがここへ集結!
建築基準法の法的枠組と国際基準 各計算法に対応した日建学院講座
1981年『新耐震』 ① 許容応力度等計算 構造計算 初級コース
構造計算 中級コース
② 時刻歴応答解析 時刻歴応答解析講座
2000年『性能規定』 ③ 限界耐力計算 耐震性能評価スピード計算法
④ エネルギー計算 エネルギー法講座
ISO3010『国際基準』 ⑤ 限界状態設計法 耐震性能評価スピード計算法
2006年 告示第184号 ⑥ 耐震改修促進法告示 耐震チェックmyノート
2006年 建築法改正 ⑦ 構造設計一級建築士 計算実務(基礎理論)
構造設計一級建築士本科
その他・構造計算実務向け講座ラインナップ
A.木造住宅耐震診断基礎養成講座
B.構造計算書作成(一貫構造計算プログラム) 低層RC造コース
低層S造コース
C.構造計算実務(一貫構造計算プログラム) RC構造計算コース
S造構造計算コース
構造計算を学ぶ必要性とメリットとは?
  • 「無料体験学習したい」方はコチラをクリック!
  • 「資料請求したい」方はコチラをクリック!
簡易な計算方法から高度な計算法まで全てを学べる構造計算各講座の概要
構造計算を基礎から体系的に学び実務に活かしたい・・・ 構造設計1級に合格できる確かな実力を養いたい・・・ そんな皆様には特別パック講座「極(きわみ)」をオススメ致します。
3年コース 構造計算マスター特別パック「極」 実務上必要となる全ての構造計算方法を習得したい方や、プロの構造設計技術者として信頼性を不動のものにしたいという方へおすすめのパック講座です。 ●初級コース●中級コース●耐震性能評価スピード計算法●耐震チェックmyノート●時刻歴応答解析講座●エネルギー法講座●構造計算書作成●構造計算実務 合計8講座 [体験学習申込者特典割引] 総額215万円を90万円(税別) 2019年2月20日まで
3年コース 合格対策特別パック「極」 構造設計一級建築士として身に着けているかどうか問われるのが「建築基準法の法的枠組」です。「極」なら日本で唯一、法的枠組の全ての構造計算方法を動画で繰り返し学習できます! ●初級コース(※受講は任意です。ただしパック料金は変わりません。)●中級コース●耐震性能評価スピード計算法●耐震チェックmyノート●時刻歴応答解析講座●エネルギー法講座●構造設計1級建築士本科 合計7講座 [体験学習申込者特典割引] 総額215万円を90万円(税別) 2019年2月20日まで
お申込みは「日建学院 直営校各窓口」において受付中!(キャンペーンは予告なく終了する場合がありますのでお申込みはお早めに!)
構造計算各講座の申込みから受講までの流れ
1 問い合わせ 日建学院コールセンター(0120-243-229)または全国の日建学院へお問い合わせ下さい。
2 最寄り日建学院へ来校・入学説明 最寄りの日建学院へお越しください。担当者より各講座の内容や入学手続きなどについて説明させて頂きます。
3 入学手続き・受講料のお支払 講座のお申込みを決定されたら、日建学院にて入学手続きを行った上で所定の講座代金をお支払い頂きます。
4 ID・パスワード・教材の到着→ご自宅で学習開始 代金のお支払が確認できましたら、ご自宅へログイン用ID、パスワード、教材をお届けします。ID、パスワードを受け取ったら日建学院のサーバーへログイン可能となり、講座を視聴できるようになります。ご自宅で自分のペースで構造計算をしっかりと学んでください。